« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

KITAHARA NIGHT

夏を先取りしたネオニートですがなにか?

久しぶりに愛子様のライブ行ってきた

やっぱ愛子様は最高だ

絶世の美だ

愛子様の前では世界三代美人もかすんでしまうな

そのうえすこぶるたのしいライブだ

もう毎週やってほしい

それはむりでも月一で

そうじゃなきゃ愛子パワー充電できないし

昨日まではすっからかんですから

今は満タン

体力は消耗してる

今回もモーレツに激しかったぜ

若干のどをつぶしました

そして久しぶりに大量の汁

いや汗がでた

今の爽快な気分はそれもあるからだな

あとは生姜部の活動のおかげか

こんかいのも非常にうまかった

でも超ジンジャーエールは生姜がほんとに好きじゃないと

あれはきついと思うな

俺は幸い生姜派だから喜んで飲める

ただあれくらい刺激が強いほうが

好きよ

ではこれにてどろ~ん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5296

天候と体調がリンクしているネオニートですがなにか?

天気がいいと体もかるくなる

悪いと重くなる

そんなこんなで昨日はコブクロのライブに行ってきた

いやいくつもりはなかったんだけど

おかんが彼氏と行くはずだったのに彼氏が

下痢でいけないということらしく

チケットがもったいないってことで

それにコブクロだったらいってもいいか

ってノリで行ってきた

城ホールはでかい

パン工場とはやっぱスケールが違いすぎる

それになかなか芸術的なステージするじゃないかコブクロ

歌もうまいし

それに話がうまい

あれで5000円はかなりやすい

3時間以上もあったし

8000円はとってもいいぐらいなのに

お得だな

あと驚いたのが声援が黄色い

実に聞きごごちがよい

Mai.Kをはじめその他のGIZAのアーティストに対する声援は

色でたとえると茶色

なぜならおっさんだらけ

相当汚い声援になってるぜ

やっぱ若い女の子のエキスは違いますな

潤ってるよ

ではこれにてどろ~ん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただで映画を見てきたネオニートですがなにか?

またばあちゃんのポイントカードで

今回は少林少女見てきた

そう柴咲香でおなじみの柴咲コウが主演の

実際岡村さんがでてたから見に行った

おもしろかったべさ

山崎真実ちゃんかわいかった

その後に食べたちゃんぽんうまかった

カルフールで食べるときはいつも決まってちゃんぽん

かなりお気に入り

それより土曜から風邪なんですが

きっと夜バト見てたときに寒かったに違いない

さらに昨日まで持病の神経痛が風邪に乗じて

出てきやがった

相当痛い

毎回症状が出るたびに痛くなっていく

そろそろ痛み止めがほしくなってきた

今はおさまってるから大丈夫だけど

次ぎ出たときが心配だ

風邪は治ったけど頭痛が治らないネオニートでした

ではこれにてどろ~ん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ボー

あちこち痛いネオニートですがなにか?

昨日久しぶりに遊びに行った

急にボーリングにさそわれて

おかげで右腕は力が入らない

背中と尻の左パックが筋肉痛

そのあとにいったカラオケで

曲とか検索したりする

あれを右手で持とうとして

もてなくて落とした

ただ無傷の左手でナイスキャッチした

帰りは3時だったけど

非常に楽しかった

また行きたいものだ

ではこれにてどろ~ん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解禁

昨日はアンチダイエットで乗り切ったネオニートですがなにか?

家族で焼肉に行った

家族といっても

ばあやとじいやといとこの家族とで

おかんと生ゴミは一緒ではない

肉自体は対してうまくなかった

クッパはうまかった

初めて食べたユッケもうまかった

大好きなレバさしがなかったことが残念

まあスーパーの肉とはぜんぜん違うわ

スーパーのは食べてられないからな

肉って高い肉はうまいのに

安いのってほんとだめだよな

その点魚は回る寿司の一皿100円も

そこそこうまい

なんでだろな

ではこれにてどろ~ん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暇してるネオニートですがなにか?

ごくせんでおなじみの熊井ラーメンが

セブンイレブンにうってたからためしに食べてみた

感想はまずかった

なんか味薄いし

コチュジャンとこしょうを入れてようやく食べれるようになった

辛味味噌味かなんかだったけど

ぜんぜん辛くもなかったな

やっぱり後乗りはだめだな

ではこれにてどろ~ん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »